プロミスへのキャッシング申込みで注意すべきこと

2014.12.15

11件

promises65

プロミスといえばCMでもおなじみの有名大手キャッシング会社です。プロミスのキャッシングに申込むときには、どのような点に注意したらよいでしょうか。

まず審査基準としては、年齢20歳以上69歳以下で安定した固定収入のある人が対象となります。条件を満たせば正社員に限らず、パート主婦やアルバイト学生や派遣社員などの非正規雇用の人でも問題なく申込みができます。

プロミスへの申込みは電話や無人契約機や郵送など都合に合わせて自由に選択することができますが、最近はパソコンやスマホからのネット申し込みが人気です。ネット申込みなら24時間365日いつでも好きなときに自宅でくつろぎながら気楽に申し込みができるので評判がよいのです。
また即日融資を受けたいときでも、Web審査なら最短30分程度で結果を知らせてもらえます。プロミスは属性スコアリング方式で高速自動審査を行うので、平均でも1時間程度で審査結果がでます。これは業界最速クラスのスピードです。即日融資は平日14時までに契約を完了しておく必要があるので、審査が短時間で済むプロミスは即日融資を受けるのに最適の会社だといえるでしょう。

プロミスに申込むときに必要な書類は借入限度額によって異なります。限度額50万円以下の場合は本人確認書が必要です。運転免許証、保険証、パスポートなどが有効です。また限度額50万円を超える場合や他社借入との総計が100万円を超える場合には、本人確認書に加えて収入証明の提出を求められます。

プロミスの審査では返済能力として安定収入があることが必須の条件ですが、それだけで必ず審査に通るとはいえません。他にも申込者の与信能力を厳密にチェックされるので注意が必要です。例えば他社借り入れが3~4社以上あると将来的に多重債務者になる可能性が高いと見なされて審査落ちすることもあります。また過去に3ヶ月以上の返済の延滞がある場合も審査落ちの対象となります。さらに総量規制により年収の3分の1を超える借入れができない点も押さえておく必要があるでしょう。

とはいえプロミスの申込みを難しく考える必要は全くありません。審査に自信がないときは無料の3秒診断がお勧めです。借入可能かどうかの診断結果がすぐその場で分かるので、安心して申込むことができます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー